インクジェットプリント

加工について

「1柄25m以上」のプリントのみ承ります。基本的には白い綿生地へのプリントが中心ですが、様々な素材、色の生地へプリントが可能です。
※一部制限がありますのでお問い合わせください。生地の風合いを損なうことなく生地自体の風合いを活かしますので用途の幅が広がります。

プリントサイズについて

最大巾1.7m×ロール

納期について

通常納期

入稿日を基準とした仕上げ日(出荷可能日)までの日数です。

プリントメーター数 納期目安
50m以内 20営業日後出荷
(色決定・最終データ確認後20営業日)

ご注意事項

  • 基本的には白い綿生地へのプリントが中心ですが、様々な素材、色の生地へプリントが可能です。
    ※一部制限がありますのでお問い合わせください。(撥水加工等の特殊後加工が施されている生地にはプリント加工ができない場合がございます。)
  • 色のついた生地や柄の入った生地へもプリント可能ですが、生地色が変化する恐れがあります。
  • 生地に付着した汚れ、ホコリ等が原因でミスプリントになる場合があります。必ずきれいな生地をご支給ください。また、生地不良によるミスプリントの責任は弊社では負いかねます。
  • 折り畳まれた状態の生地はプリントできませんので「ロールの状態」でお持ちください。
  • 生地は必要数量より「プラス2m」ほど多くご用意ください。また、ご支給いただく生地が「何mの生地」なのか、「裏表の分かる状態」でお送りください。
  • 生地の種類によっては、プリント時にムラやシワが入る場合があります。
  • プリント加工の難しい特殊な生地はチャージアップさせていただく場合がございます。
  • 顔料プリント加工の湿摩擦堅牢度は、柄にもよりますが1~3級となっており、濡れた物との長時間の接触・擦れで色移りする場合がございます。

プリント料金

インクジェットプリントの料金は、

(1)デザインごとにかかる「データセット料金

(2)生地ごとにかかる「生地セット料金

(3)プリントの量に応じてかかる「プリント料金

の合計となります。
デザインの点数が2点以上の場合でも同じ生地にプリントする場合は生地セット料金は1回分です。
同じデザインで生地を代えてプリントする場合は、データセット料金は1回分ですが、生地ごとに生地セット料金がかかります。
同じ生地を「3反」発注する場合は、生地セット料金×3となります。その際のプリント単価は生地ごとに換算します。

(1)【データセット料金】
入稿データごとにかかる(初回のみ)
3,000円
(2)【生地セット料金】
生地を替えるごとにかかる(毎回)
1,000円
(3)プリント料金 112cm巾 1柄25m〜 2,500円/m
140cm〜 1柄25m〜 3,000円/m

※上記の金額は1mあたりの税別プリント加工賃です。
※生地代・消費税・送料は含まれておりません。
※年間を通じて継続したお取引が可能な方は、料金を別途ご相談ください。

プリント料金計算例

1デザインで112cm幅の生地を25mプリントした場合

3000+1000+(2500×25m)= 66,500円(+税)

5デザインで140cm幅の生地を25mプリントした場合

(3000×5デザイン)+1000+(3000×25m) = 91,000円(+税)

5デザインを異なる140cm幅の別々の生地に25mづつ合計125mプリントした場合

(3000×5デザイン)+(1000×5生地)+(3000×25m)×5柄 = 395,000円(+税)

入稿データについて

【入稿データ】

  • 保存形式:TIFF(未圧縮)
  • 解像度:200~300dpi
  • サイズ:1.7m〜2m以内
    (総柄等上下左右送りの付いた柄の場合、最小ミニマムデータをお送りください。)
  • カラーモード:RGB

【注意事項】

  • 原寸サイズ」でご入稿ください。弊社で拡大縮小など、データに手を加えることはお受けできません。弊社では基本的に柄修正、送り付け、配色等、色合わせ作業は行っておりません。どうしてものご依頼の際はスタッフとご相談の上、別途料金請求にてご相談させていただきます。
  • プリント中、生地の両端に「たわみ」「シワ」が入る場合があります。「生地両端から3cmづつ内側(生地幅マイナス6cm)」に作成してください。
  • 柄が横ボーダーなど直線の場合、多少の歪みが出る場合がございます。
  • 柄に濃色(黒、濃紺等)のベタ無地が多い場合、多少のバンディング(横段)が出る場合がございます。
  • 撥水加工等の特殊後加工が施されている生地にはプリント加工ができないため、弊社支給以外の生地を投入していただく際は、P下(P下晒)を投入してください。
  • データに「スウォッチ」や「効果」など使用している場合は「分割・拡張」をしてください。
  • 黒は「R,G,B:0,0,0」で作成してください。
  • リピート柄作成の場合は、リピート同士がつながるように作成し、「実寸のリピート分のみ」ご用意ください。
  • 弊社でデータ修正が必要な場合は別途料金がかかります。
  • 生地には方向性(向き)がございますので、用途に合わせてプリントデータを作成してください。プリント必要メーター数に対し同メーター程度の生地を投入された場合、納めさせていただく分量が 不足する可能性がございます。
  • 生地プリントに関しては5%程度のロスが出るものと考えられますので、あらかじめ「生地を多めに」投入してください。
  • 弊社の在庫生地同様に持込生地の場合でも、1種類の生地に何柄かプリントする場合、加工システム上、柄と柄の間に「20cmほどの隙間」が空くようになっておりますので、必ず生地の余分を含んだメーター数の生地をご用意ください。
    例)[A柄:1m]→20cm空き→[B柄:3m]→20cm空き→[C柄:8m]

その他、ご不明な点はお気軽にスタッフにお問い合わせください。

設備について

プリンター Kornit製 Allegro
プリンター 島精機製 SIP
プリンター 上野山機工製 Dia jet2

生産の流れ

基本的に生地はお客様にご用意していただき、下記のような流れになります。

持ち込み生地について
※生地の種類・混率・幅をお知らせください。
※綿・ポリエステル・綿ポリなどの混紡・一部それら以外の化繊・動物系繊維(都度ご相談ください)。
※基本はP下ですが、テストで問題が無ければ市販の生地も可能。
※布帛、カットソー共にプリント可能。
※上記以外の繊維はテストが必要。

加工例